色で自分のことがわかる

アトリエ彩り 講師のSayo です。

 

今日は制作の様子についてお伝えしますね!

キャンバスに、アクリル絵の具で下地を塗ったところです。

今回は雨の絵を描く予定です。

使う絵の具を見ていると、自分の好きな色がわかります。

青系では、水色、紫色に白を加えたもの、が好きです。

 

娘が産まれてから、アクリル絵の具が手軽で使っています。

 

学生の頃は、油絵を専門的に学びました。

油絵は色をどんどん重ねると、深みが出てくるのが好きでした。

日本画の岩絵具(主に鉱石を砕いてつくられた粒子状の絵具)は

キラキラしていて、見ているだけでも幸せでした。

大学院生の頃、日本画のカルチャースクールに通い、

画材の使い方や日本画の描き方の基礎を教わりました。

 

 

これは、初めて描いた日本画です。

この頃、金箔が好きで、よく油絵にも使っていました。

 

日本画は、岩絵具は粒子の細かさで色の濃さが決まっています。

数字が少ないと粒子が荒く、濃い色になります。

お皿に岩絵具を入れ、そこに膠(主に動物の皮を加工して作られる接着剤)を入れて混ぜて絵の具ができます。

日本画を描く時は皿がたくさん並び、

いろんな道具が必要なので、時間とスペースが必要です。 ????

 

娘がもう少し大きくなったら、

また日本画をじっくり描きたいな、と思います。

 

絵の雰囲気、娘が産まれてから

可愛い感じになりました。

色や絵は、その人の心境を表しますね。

 

無料メール絵画講座のお受け取りは こちらから!

にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ

ランキングに参加しています。 お役立ちできる情報や 共感できる内容でしたらクリックお願いします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA